十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子

塚原康子 十九世紀の日本における西洋音楽の受容

Add: gacuxal96 - Date: 2020-11-24 21:59:54 - Views: 6457 - Clicks: 9473

塚原康子『十九世紀日本における西洋音楽の受容』に引く) 「この頃頻りに月琴が流行して、浅草の奥山や池の端辺では毎夜合奏して居り升が、清元や常磐津と違い品行も正しく、実に雅な遊びであります」(「月琴流行」『諸芸新聞』1881. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容: 塚原康子 著: 住民主体の犯罪統制 ―日常における安全と自己管理: 細井洋子、西村春夫、辰野文理 編: 受験体制と教師のライフコース: 塚田守 著: 準公共財の財政論: 大川政三,佐藤博 編著: 自由の社会理論: 数土. 1(1 993年,多賀出版)上梓後の1994 年から15年を費やして完成された労作である o 今日,雅楽と総称される音楽が,近代日本におい て明治国家との関わりの中で, どのように変化,生 成して. 『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』 東京 : 多賀出版, 1993 請求記号 C57-683 日本音楽史の一大転換期である幕末から明治維新にかけ. Amazonで塚原 康子の十九世紀の日本における西洋音楽の受容。アマゾンならポイント還元本が多数。塚原 康子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 幕末から明治時代までの外来音楽に関する研究書。 本来は西洋音楽の受容を解明することを目的としているが、その対比として明清楽、特に清楽についての言及がある。 明治時代の清楽の奏楽状況や、出版状況を綿密に調査されている。. 塚原康子: 十九世紀の日本における西洋音楽の受容: 多賀出版: 1993: 1: 和書: 銀座文化史学会編集: 震災復興「大銀座」の街並みから : 清水組写真資料 : 泰川堂書店: 1995: 1: 和書: e・クロッペンシュタイン, 鈴木貞美編.

十九世紀の日本における西洋音楽の受容: Author: 塚原康子: Publisher: 多賀出版, 1993: ISBN:,: Length: 640 pages : Export Citation: BiBTeX EndNote RefMan. 塚原康子『十九世紀日本における西洋音楽の受容』に引く) 田仲一成『中国地方戯曲研究 ─元明南戯の東南沿海地区への伝播─ 』(汲古書院、年). 塚原康子 教授. 塚原 康子『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 フォーマット: 図書 責任表示: 塚原康子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 多賀出版, 1993.

日本放送協会編『日本民謡大観 奄美諸島篇』日本放送出版協会 塚原康子『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』多賀出版 第12回 1994年度 荻美津夫『平安朝音楽制度史』吉川弘文館 第13回 1995年度 大塚拝子『三味線音楽の音高理論』音楽之友社. 塚原 康子 | 年12月21日頃発売 | 明治国家は、国内では宮廷や軍隊・学校で行われる儀礼を荘厳し、国際的には近代国家・日本を表象する重要アイテムとして、早くから音楽に注目した。そして、その重要な一端を担ったのが、長い伝統をもつ雅楽とその演奏者(楽師)たちであった。旧来の. Pontaポイント使えます! | 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 | 塚原康子 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 著書『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(多賀出版、1993)により京都音楽賞、田辺尚雄賞受賞。 さまざまな音楽ジャンルが錯綜する近代を主たる対象にして、音と音楽を仲立ちにした歴史研究に取り組んでいる。. 塚原康子 塚原康子, 1988 本文 別冊資料篇; タイトル別名.

近代日本における音楽専門教育の成立と展開 研究代表者, 大角欣矢 東京芸術大学音楽学部楽理科. その他の標題: 19世紀の日本における西洋音楽の受容: 主題: 音楽(西洋); 音楽--日本--歴史--明治以後 注記: 博士論文「十九世紀日本における外来音楽の受容」 (1989年3月東京芸術大学提出) にその後発表した論文を組み込み, 全体を補筆・改訂したもの. 『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』塚原康子著 多賀出版 1993 (2)江戸期の蘭学研究において西洋音楽単体に対する研究も行われていた。 宇田川榕菴()の研究がそれである。その内容については 塚原康子「十九世紀の日本における西洋音楽の受容」(多賀出版:1993: 15-64)に詳しい。. 3 科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書 平成17-19年度. 1BB/159>p150~p151にも幕末~明治初年に刊行された鼓譜等の一覧が掲載されている。所蔵先も記載あり。. 京都音楽賞 学位論文に基づく『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(多賀出版).

音楽(西洋); 音楽--日本--歴史--明治以後: ISBN:注記: 博士論文「十九世紀日本における外来音楽の受容」 (1989年3月東京芸術大学提出) にその後発表した論文を組み込み, 全体を補筆・改訂したもの 主要参考文献: p331-344, 史料: p344-345: 登録日. 塚原康子『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』多賀出版、1993年。 ISBN。 中村理平『洋楽導入者の軌跡 - 日本近代洋楽史序説』 刀水書房 、1993年。. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 塚原康子 年12月2日. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 ¥ 21,000 塚原康子 、多賀出版 、1993 、1. とおり,塚原氏の前著「十九世紀の日本における西 洋音楽の受容. 著書に『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(1993、京都音楽賞・田邉尚雄賞受賞)、『明治国家と雅楽―伝統の近代化/国楽の創成』(、田邉尚雄賞受賞)、最近の論文に、“State Ceremony and Music in Meiji-era Japan” (Nineteenth-Century Music Review 10:.

十九世紀の日本における西洋音楽の受容: 著者: 塚原康子: 出版社: 多賀出版, 1993: ISBN:,: ページ数: 640 ページ : 引用のエクスポート: BiBTeX EndNote RefMan. 上野学園大学日本音楽史研究所にも明清楽の資料があります。 上野学園大学日本音楽史研究所が所蔵している明清楽の資料の一覧は、塚原康子著『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』の資料編五-二、pp. 東京芸術大学助教授。専攻は近代日本音楽史。主著に『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(多賀出版)、論文に「明治前期の新しい音楽表現:賛美歌・唱歌・軍歌」(「昭和音楽大学研究紀要第19号」)など。 東谷 護(トウヤ マモル). 塚原, 康子 書誌ID: BN注記: 博士論文「十九世紀日本における外来音楽の受容」 (1989年3月東京芸術大学提出) にその後発表した論文を組み込み, 全体を補筆・改訂したもの 主要参考文献: p331-344, 史料: p344-345. Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :.

2 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子 形態: xiii, 640p ; 22cm 著者名: 塚原, 康子 書誌ID: BNISBN:. ジュウキュウセイキ ノ ニホン ニ オケル ガイライ オンガク ノ ジュヨウ. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 日本放送協会(編)、小泉文夫・外間守善・東京藝術大学民族音楽ゼミナール=採譜・執筆・監修『日本民謡大観(沖縄・奄美)奄美諸島篇』 東京:日本放送出版協会、1993年8月発行 2.

十九世紀の日本における西洋音楽の受容 isbn:塚原 康子 参考価格 38,999円. 十九世紀の日本における西洋音楽の受容 / 塚原康子著 東京 : 多賀出版, 1993 c057544 唱歌と十字架 : 明治音楽事始め / 安田寛著 東京 : 音楽之友社, 1993 c057756.

十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子

email: ezerufar@gmail.com - phone:(688) 676-3967 x 1403

宗教法人の会計と税務 - 守屋俊晴 - 森岡俊介 患者指導手渡しくんNEXT

-> 光速エスパー 第2巻 - 松本零士
-> 言葉となればもう古し - 今井聖

十九世紀の日本における西洋音楽の受容 - 塚原康子 - Docker エイドリアン モウアット


Sitemap 1

ジミ・ヘンドリックス伝説 文藝別冊 - 河出書房新社編集部 - 梅の漬け方と梅料理